本文へ移動

教職課程の情報公表

教員の養成の目標

苫小牧駒澤大学では、国際文化学科において、高校一種(公民)中学一種(社会)の課程を設置し、国際情勢や北海道の文化・歴史などを理解するための基本的な知識や技術、さらに専門的知識を深く修得し、それらを活かす教員養成を進めています。

教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当する授業科目に関すること

氏名
職位
主な担当科目
鈴木 行夫
講師
教育実習Ⅱ、教育実習Ⅲ、教職実践実習
教員の業績などについては、以下のページをご覧ください。
 

教員の養成に係る授業科目、授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画に関すること

卒業者の教員免許状の取得状況に関すること

年度
外国語(英語)
高校
外国語(英語)
中学
公民
社会
情報
合計
2001
28
23
15
8
-
74
2002
16
8
9
2
-
35
2003
4
3
7
1
-
15
2004
6
2
8
2
-
18
2005
4
3
6
3
1
17
2006
6
5
6
4
0
17
2007
2
3
4
1
1
12
2008
5
4
2
0
1
12
2009
3
3
5
4
0
15
2010
4
4
4
3
0
15
2011
4
4
4
3
0
15
2012
2
2
0
0
1
5
2013
1
1
3
1
-
6
2014
1
1
1
1
-
4
2015
3
3
1
1
-
8
2016
1
1
1
1
-
4
2017
-
-
2
2
-
4
2018
-
-
3
1
-
4

卒業者の教員への就職状況に関すること(過去10年間)

 ・中等学校:7名
 ・高等学校:4名

教員養成に係る教育の質の向上に係る取組に関すること

  • 毎年2月に北海道内の私立大学の教職課程受講者が集まり、授業のスキルアップを目指し、模擬授業交換会を実施している。
  • 児童・生徒の心理的問題、不適応などの対応について、理論、ロールプレイなどを通じて、教職現場における実践的な対応力を身につける指導を実施している。
TOPへ戻る
下書き中