本文へ移動

学部の教育目標

「世界」とつながり、地域社会に貢献できる人間を育てる。

 大学はみなさんが社会へ出ていく扉です。社会に出るとさまざまな人々とかかわりあいながら暮らしていくことになります。そのために必要な知識や能力を身につけることが、大学での4年間の学びといえるでしょう。点数を取るためとか、競争に勝つためといった、勉強のための学びではなく、自分という人間の力を形成するための学びを、我々は支援します。
 交通や通信技術が発達した現代社会では、どこで暮らしていても「世界」が私たちの目の前に押しかけてきます。日ごろ何気なく接している品物や情報も、その多くは海外で生み出され、さまざまな地域の人々の手を経て、私たちのもとにたどり着いているのです。もちろん人と人との出会いも、日本という枠の中に収まるものではありません。こうした時代を生きていくには、「世界」を知ると同時に、その中の自分を正しく把握することが大切です。さまざまな文化を理解し、いろいろな角度から自分自身を見つめること、そして多様な人々と円滑に結び合う力を身につけることが必要なのです。
 本学の教育目標は、自ら学び、主体的に行動する人材を育成することにあります。現代社会と多様な文化を理解し、「世界」とつながり、地域社会に貢献できる人間を育てることが、私たちの目標です。みなさん、北海道で楽しく学び、大きく成長していきましょう。
 
国際文化学部長 佐藤 郁子
2019年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
学校法人京都育英館 苫小牧駒澤大学
〒059-1266
苫小牧市錦西町3丁目2番1号
TEL 0144-61-3111
FAX 0144-61-3333
Mail komamail@e.t-komazawa.ac.jp


TOPへ戻る